ブログ

REHABILITATION部門

2020.02.24

一家に一つストレッチポール

皆様身体の調子はいかがでしょうか。朝起きたら身体が痛い、肩が痛いなど不調をきたしている方もいらっしゃるのではないかと思います。

今日はお勧めのストレッチポールを紹介したいと思います。

ご家庭に一つあると良いと言っても過言ではないくらい非常に使えます。

現代人はデスクワークやスマートフォンの使用、長時間の運転など猫背でうつむくような姿勢が続くことが多いかと思います。

そのため肩・肩甲骨・背骨・骨盤・股関節周囲の筋肉のこわばり・硬さが身体の不調を招いていることがあると思います。ストレッチポールを使用することで肩・肩甲骨・背骨・骨盤・股関節周囲の筋肉がほぐれリラックスした状態になります。いわゆる凝り固まった筋肉をほぐしニュートラルな状態にしてくれます。ジュニアからトップアスリート、また病院や外来整形、施設でのリハビリ、一般家庭など幅広く使用されています。

エクササイズの方法は、ベーシックセブンというのが有名ですがただストレッチポールの上に仰向けで乗っているだけでも効果が期待できます。アップルウッド西大寺にはストレッチポールを半分にカットされたハーフカットのストレッチポールを置いています。

必要に応じて利用者様も使用されています。非常におすすめのストレッチポール!ぜひ試してみてください!

 

 

MAH00815.00_00_16_02.静止画001
ストレッチポール2
ストレッチポール静止画1

2020.02.11

REHABILITATION部門

現在アップルウッド西大寺では理学療法士4名、作業療法士2名で利用者様のリハビリを担当させていただいております。

また、介護福祉士の資格を持った集団体操をメインにトレーナーも在籍しています。

セラピストは日々個別のリハビリテーションを担当します。また、利用者様のリハビリ以外の時間はセラピスト・トレーナー・看護師・介護士が連携し集団体操に参加を促しています。

リハビリに意欲的な利用者様も多く居室で筋力トレーニング・ストレッチをされる方、フロアの平行棒で立ち上がり動作を繰り返しされる方、フロアの通路(80メートル)を3往復される方など実際は、まだまだ私たちが驚くような成果を見せて下さる方が多くいらっしゃる印象です。

リハビリに意欲的であることは、気持ちが大切であると思います。ただ、お薬の副作用で意欲的になれない方、また寝たきりや様々な疾患により意思疎通が難しく

                                                                      自分で動けない方も多くいらっしゃいます。各利用者様に合わせて誠心誠意・一生懸命に対応させて頂きたいと考えております。