ブログ

2020.07.17

アップルウッド西大寺を卒業され、自宅での生活のスタートです。

 🍎アップルウッド居宅介護支援事業所には現在4名のケアマネジャーが在籍しています。

  以前はアップルウッド西大寺に入居されている方のケアマネジメントを主に行っていましたが、現在はアップルウッド 

  以外の場所で生活されている方も全体で6名担当させて頂いています。

  💛今回アップルウッドで1年余り生活され、7月から自宅に帰られ新しい生活を始められた方を紹介したいと思います。

  68歳男性 脳出血の後遺症で左半身麻痺があり、リハビリをして少しでも元気になりたいと言う事でアップルウッドに  

   入居されました。

  胃瘻の方ですが奥様は口から食べられる様になって欲しい、体がもっと動く様になったら、家に連れて帰りたいと言う

  希望は持っておられましたg、反面寝たきりになってしまうのではないかとの不安も大きかったとの事です。

   入居後1年余り、主治医の先生、歯科の先生、かかりつけ薬局、訪問看護、訪問介護、ご家族の連携した支援と

  ご本人の家に帰りたいと言う強い思いにより、日に日に状態が良くなり、奥様が自宅での介護を決心され7月から

  新しい生活を始められています。

   現在自宅では主治医の訪問診療、栄養士の栄養指導、掛かりつけ薬局、通所リハビリ、訪問看護、ショートステイ

   のサービスを利用されています。まだ2週間程の生活ですが奥様から「帰って来て良かった」との言葉が聞け、

   何よりご本人の満面の笑顔を今日見させて頂き、ほっと一安心しました。訪問看護はアップルウッドのリハビリ

   職員と看護師が継続して訪問しており、それも良かったのではないかと思います。しかしこれから生活を続けて

   行く中で新たな目標や、問題も出てくると思いますので、多職種連携して、より良い生活を送って頂ける様

   支援して行きたいと思います。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム