アップルウッドについて
コンセプト

アップルウッドの名前の由来

たとえ明日世界が終わりになろうとも、私はリンゴの木を植える ~マルティン・ルター

マルティン・ルター

マルティン・ルター

マルティン・ルターはドイツの神学者、宗教改革の源流となった人物の一人です。

アップルウッド西大寺では、重篤な介護を必要とされる方や末期ガンの方がたくさんいらっしゃいます。突然「終わり」を迎えるケースもたくさんあります。

しかしだからこそ私たちは入居者さまの「生きる」を決して諦めることなく、誠心誠意お手伝いするよう努めています。

りんごの木

ルターが中世カトリック教会の腐敗を見てみぬ振りができなかったように、無駄かもしれないけれど、それでも今生きている人々の真に進むべき道を探そうとしたように。

アップルウッドロゴ

ページの上へ